« 必要なのは「延命」ではなく「変容」を促すキャンペーン | トップページ | 「社会正義」は、世の中を守る処方箋 »

2020年7月23日 (木)

いまのところは まだ「手作り」で

 暇に任せてほぼ毎日更新していたこの日記も、1週間ぶりの更新になってしまいました。

 

 ありがたいことに、競馬などの公営競技ではない筋から、先月あたりから仕事の話を頂戴していて、事柄の当日が昨日。何せ私の会社の仕事は、今のところたったひとりしかいない社員である私による、文字通りの「家内制手工業」(苦笑)。ひとりでコツコツと資料を作ったり台本書いたり、機材の整備やテストを続けていったりと、慌ただしいと言うよりじっくりと、ボリュームのある仕事に取り組んでおりました。

 仕事の現場は、最低限の人々だけ東京都内某所に集まり、遠方と映像音声のやりとりをしながら行う、インターネットを使ったリモート方式。ただZOOM使うでもない、ただYoutubeに作った画像を流すでもない、少し一ひねりした方法で仕組みを使ってみましたが、何となく面白いことにつながりました。これまで競馬とかカーリングとか、様々な形でインターネットを使った中継放送を作らせていただいてきて、培ってきたものが少しまた別の形で役立てさせて貰えたかなと。いい機会、ありがたい仕事に携わらせて頂きました。

 

 とはいえ、問題点も。ちょっとしっかりしたことをやらせていただくとなると、ひとりじゃ無理な域にさしかかってきてしまいました。今回の現場も、広告代理店の方に「人手」として手伝って頂きながらで、私としては恐縮しきり。今回は、全く新規で「スモールスタート」と意識して取り組んだとはいえ、ちょっといかがなものかと自ら反省しているところです。

 きちんと体制を取れば、自信を持ってやれることも色々増えてきそうな手応えはあるのですが…いまこの世の中の経済状況の中で、例えば誰か人を雇って大きく構える、みたいな勇気はなかなか持てずにいます。筋道が見えているかというと、そんな感じはいまのところ皆無ですし、人を巻き込んで事柄始めたら、やはりそのことの「責任」も伴ってきますし。あと、まだ自分が「出演者」だと思っている部分も、それなりにあるのでね(笑)。ハッキリと制作の方に舵を切るのも、自分の中での「違和感」もあります。

 

 まあ、この状況ですから…やれることは、何でもやっていかないとね。
 出演でも制作でも、その他のことでも何でも、お声かけお待ちしていますよ!

« 必要なのは「延命」ではなく「変容」を促すキャンペーン | トップページ | 「社会正義」は、世の中を守る処方箋 »